トップページ

    このサイトでは中古車を高額買取してくれるおすすめの買取業者を紹介しています。
    「中古車を高額買取してくれる車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    中古車を高く買い取ってもらうために大切なことは「複数の買取業者に査定してもらうこと」です。1社だけやディーラーで下取りをしてもらうというのは間違いなく損をするので注意してください。

    一括査定を利用すれば数分で終わる簡単な入力だけで同時に複数社からの見積もりを比較することができますので、中古車を高く売るために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

    カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知名度が高いので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社に査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多くの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で利用は無料。

    「中古車を1円でも高額買取してくれる業者を探したいけど、電話営業が苦手…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

    ユーカーパックは、申し込みと同時に中古車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、中古車を高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積りの電話がかかってくるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

    かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に中古車の買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取が実現します。

    最大で10社が中古車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた業者に売却しましょう。






    ズバット車買取比較

    ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者も約220社と多く、最大10社があなたの中古車を査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定してもらうことで査定額やサービスの違いを比較することができるので、複数業者に査定依頼をして中古車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートもありますので安心して利用することができます。






    楽天オート

    楽天オートは、その名前の通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    申し込みをするだけで楽天5ポイント、成約するとさらに楽天1500ポイントが溜まるので楽天ユーザーにはおすすめできるサービスです。

    中古車を高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのは嬉しいところ。
    提携業者は約100社と他のサービスと比べると少なめですが、最大10社が中古車の高額査定をしてくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    売却予定の車に傷などがある場合にはマイナス査定されることが多いです。

    しかしながら、マイナス査定を避けるために査定前に個人でへこみやキズを直すことは勧められません。

    事前に自分で修理しても、自分で修理するのにかかった費用以上に査定額が上昇する場合はあまりないからです。

    買取希望の車を自分で直すより、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が修理コストがかからないからというのが、査定額がアップしない理由です。

    スマホ全盛の時代を反映して、大手の中古車販売店では通常のユーザー向けの中古車査定アプリを発表しているのです。

    しかし、査定支援アプリの業務用バージョンもあるのです。

    まだ少ししか中古車の見積もりを出した経験がない人でも査定が簡単に出来るようにするためのアプリケーションです。

    専用機器とこの業務用アプリを同時に使うことで、目の前にある査定対象の車の査定以前に何か理由があって修理に出したことがあるかを一発でハッキリする機能が存在するケースが大半ですから凄いですよね。

    何も中古車販売店に限ったことではありませんが、売買に際して起こる可能性のあるトラブルは幾つか存在しますが、それらの中には非常に悪質と言えるケースも存在するのです。

    例えば、査定金額を表示して納得して車を手放した後になって、ふたたび確認したら問題になる箇所が出たなどといわれてかなり売却額を引き下げられることもあるのです。

    最も悪質と思われる業者の場合は、車だけ業者に渡すことになって、引き替えにお金が入らない場合もあるのです。

    このような事案に自分が遭遇してしまったら、すぐに最寄りの自治体などの消費者生活センターなどに相談に行かれることをお勧めします。

    海外メーカーの車は国内メーカーのそれと比べ、買取価格がいまいち伸びないというお約束があります。

    外車は日本での普及台数が日本車とは比較にならないほど少数で、取引の実績値に乏しく、あまり高額で買い取っても業者の利益が確保しにくいのです。

    ではどうやって売却すれば良いのかというと、数多くの買取業者から見積りをとって比較することです。

    ウェブの一括査定サービスなどを活用すると、たった一度の入力でたくさんの業者に査定を依頼することができます。

    前の車を中古車買取業者に売却するとすぐ引き取りに来るため、一時的に(次の車が納車されるまで)車が使えない期間が生じるおそれがあります。

    なければないなりに過ごせる人はいいのですが、どうしても車が必要だという人の場合は代車の手配をしないことには車を売ることができません。

    けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配を業務の中に組み込んでいるわけではないので、あとになって慌てないよう、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか業者に確認しておきましょう。

    売却したい車で店舗に乗り付けて現物査定を受けるつもりであれば、もしかすると待つことになる可能性はあるものの、急な持ち込みを歓迎する店は少なくありません。

    けれどもこうした場合は相場もわからなければ価格競争もありません。

    つまり本来の価値より低い価格で買われてしまうこともあります。

    同じ査定なら出張査定で、多くの業者に見積りを出してもらうほうが愛車を高く売ることができるのは間違いありません。

    所有する車を手放そうと考えているときには、中古車一括査定サイトを使用すると、査定金額の相場が一瞬で分かってしまうので大変便利です。

    そうは言っても、実際の売却価格までは実際に査定士に見積もってもらって最終価格を聞くまでは分からないのです。

    車検の残り期間の有無やその車の状態がどうかによって、現実の価格はかなり変わってくることが当たり前なのです。

    車売却の際には、中古車一括査定サイトからはじき出された相場価格をあまり過信するのも考え物です。

    派手に改造してある車は車検すら通すことが不可能です。

    しかし、このような改造車でも、買取りしてもらうことはできます。

    しかし、何処にでも在る一般的な買取店舗では絶対に買取可能だとは言い切れず、査定額をダウンされるケースがあることを知っておきましょう。

    改造車を売ろうと考えているならばきちんと知識があって、専門の販売ルートを確立している改造車専門業者に持って行くのが良いでしょう。

    売却車の状態によっては改造車でも思ったよりも高い査定額が出される可能性もあるのです。

    一律と言うわけではないのですが、中古車の売却金は課税対象になるケースがあることを覚えておきましょう。

    個人所有の自動車であり、通勤専用車であれば所得税はかかりません。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、所得税を支払う可能性もあります。

    車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。

    仕事でも使っている車体を売却するときには、また別途違う決まりがあるので、不明瞭な点があったら確定申告を行う際に税理士などに質問して後からトラブルにならないようにすべきでしょう。