トップページ

    このサイトでは中古車を高額買取してくれるおすすめの買取業者を紹介しています。
    「中古車を高額買取してくれる車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    中古車を高く買い取ってもらうために大切なことは「複数の買取業者に査定してもらうこと」です。1社だけやディーラーで下取りをしてもらうというのは間違いなく損をするので注意してください。

    一括査定を利用すれば数分で終わる簡単な入力だけで同時に複数社からの見積もりを比較することができますので、中古車を高く売るために是非利用してみてくださいね。
    カーセンサー

    カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーと言うくらい知名度が高いので安心感が違います。
    提携業者も1000社以上と圧倒的ナンバー1!最大50社に査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると多くの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で利用は無料。

    「中古車を1円でも高額買取してくれる業者を探したいけど、電話営業が苦手…」という場合はメールのやりとりで査定額が分かるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

    ユーカーパックは、申し込みと同時に中古車の買取相場が分かるだけでなく、個人情報が流れない為、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという今までにない新しいサービス。

    オークション形式で最大2000社の買取業者が入札価格を提示するので、中古車を高額買取してくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用すると複数社から見積りの電話がかかってくるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話は1本のみなので、電話対応に追われることもありませんし、しつこい営業を受けることもありません。
    査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

    かんたん車査定ガイドは、年間利用者数№1の車査定一括サービスです。たった45秒あれば入力が完了しますし、入力後すぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に中古車の買取相場が知りたい」という場合はおすすめです。

    申し込み後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良業者のみが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社だけで即決せずに、複数社に査定してもらうことで中古車の高額買取が実現します。

    最大で10社が中古車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた業者に売却しましょう。






    ズバット車買取比較

    ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場を表示してくれる数少ない車一括査定サービス。
    提携業者も約220社と多く、最大10社があなたの中古車を査定してくれます。

    1社でも多くの業者に査定してもらうことで査定額やサービスの違いを比較することができるので、複数業者に査定依頼をして中古車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートもありますので安心して利用することができます。






    楽天オート

    楽天オートは、その名前の通りあの楽天が運営している車一括査定サービス。
    申し込みをするだけで楽天5ポイント、成約するとさらに楽天1500ポイントが溜まるので楽天ユーザーにはおすすめできるサービスです。

    中古車を高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのは嬉しいところ。
    提携業者は約100社と他のサービスと比べると少なめですが、最大10社が中古車の高額査定をしてくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、気になる場合はチェックしてみてください。







    車を売りに出したいと思案したときにお勧めしたいのが、中古車の無料一括査定サイトを使うことがうまい選択肢でしょう。

    同時に数多くの買取業者の見積もり額を比べてみることが出来てしまうので、散在しているお店の一つ一つに行かなくても最も高い金額を提示してくれる店舗を取捨選択可能なのです。

    また、それにも増して自分の車種の資産価値が今の段階で大体どのくらいあるのかが分かります。

    程度にもよるので一概にはいえませんが、車内がたばこ臭い場合はマイナス査定になります。

    車内に喫煙の後が残っている車は、禁煙車を希望している人には確実に売れないからです。

    車の中に残っているタバコの臭いの原因は、ヤニ汚れで、その車のどこかに付着しています。

    査定してもらう前に丁寧に車内を清掃してあげれば、タバコの臭いを抑えることに成功するでしょう。

    特別に車の査定に関してだけではなくて、どのような分野に関しても言えることですが、否定的な口コミはあるものです。

    一個や二個の悪い否定的な意見が見つかっても、それらの悪い口コミにだけ左右されると結局のところ何も申し込めない事態に陥ります。

    レビューはあくまでレビューとして参考にするだけで、先ずは自分から無料の査定申し込みを行ってみて、その瞬間に自分が持った印象を判断材料にしていくことが自分にとって一番良い選択をする事に繋がるのです。

    忙しい人には便利なのが24時間アクセスできるウェブ上の車買取一括査定サイトからの査定依頼です。

    いくつかの業者の見積りを短い時間で入手できるので、高値で売却しやすい点が好評です。

    ただ、不便なところもないわけではありません。

    時間があったので深夜に査定サイトに登録したら、24時間対応の業者などから深夜に営業電話が殺到することがあるからです。

    営業努力とはいえ迷惑ですので、家の電話や仕事先の電話は登録しないほうが無難です。

    他社製のホイールを履いた車を売る場合は、実車査定を受ける前に純正品に戻すほうが良さそうです。

    一般的な査定では、メーカー純正品だと査定はプラスされる傾向があるからです。

    きれいな状態を保つためにカバーをかけるか、出来れば屋内に保管するのがおすすめです。

    良好な状態を維持している他メーカー製ホイールは意外な値段でオークションなどで売れるときもあるので、取り外し時の扱いには注意が必要です。

    車の処分を考えている際に個人ができる方法は、カーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。

    もし売却するつもりであれば多くの業者に見積り依頼を出すことで契約をめぐって競争せざるを得ない状況を作り、下取りに比べ利益を得やすいというメリットがあります。

    その対極にあるのがディーラーによる下取りですが、この場合は競合する相手がいませんからもしかすると安く買い叩かれてしまうかもしれません。

    けれども購入と売却が同じ場所で出来るというのはラクです。

    状況に応じて選ぶと良いでしょう。

    基本的に自動車の査定時において、目につくキズや凹みが存在すれば見積もりの際に減額されることがほとんどです。

    このような場合、自分の判断で修理するのはあまり勧められませんね。

    修理の腕前が一定以上でなければ、一見するとキレイになっていても専門家の目で見たら綺麗には直っていない事もままあるからです。

    そうかと言って、実際に売りに出す前に自分で修理を依頼した方が良い結果を生むという事ではないのであらかじめ知っておくと良いでしょう。

    キレイに修理するためにかかった金額以上のプラス査定は期待できず、手間がかかる割に損をすることになってしまうからです。

    すでに支払った自動車税が月割りで還付されることがあります。

    それは、普通自動車(軽自動車は含まない)を売らずに廃車にしたときです。

    逆に軽自動車については別途決まりがあって、廃車にしても自動車税は月割りで還付されることはないのです。

    しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、残りの税金分を中古車買取店が査定額に上乗せしてくれることもあるのです。

    良心的な業者があると言っても、査定の時に税金分はどうするかについてしっかりと説明してくれるところばかりではないのです。

    じっさいに売ってしまう前に必ず聞いておくと良いでしょう。

    自動車を持っている人全員が加入することになっている「自賠責保険」は、条件が整えば車を手放す際にお金が戻ってくることがあります。

    一定の条件というのは、廃車にすることを決め、その時点で自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている状態の時です。

    廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。

    更に、保険金の還付があったとしても勝手に振り込まれるわけではないのです。

    自らが保険会社に対して書類の手続きをしなければ還付されるものではありません。